読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイジLife

シンプルベーシックなママファッションを目指す

Welcome to haiji life!

Thank you for coming for my blog.

Amazonプライム・年会費の元が取れるメリット5選

Amazon cat
Amazon cat / protohiro

子供の出産をきっかけにAmazonプライム会員になりました。

おむつや日用品を安く購入する事を目的で入りましたが、Amazonプライムの特典が意外と使えます。

Amazonプライムの年会費3,900円が登録を躊躇する壁となっていませんか?

でも月計算するとたったの325円なんです。

月325円と聞くと安く感じますよね。

年会費を払っても得だと感じるメリットを挙げてみます。

 

続きを読む

お値段高見せコーディガンはGUよりGreenParksがオススメ!

最近めっきり寒くなったのでコーディガンが活躍しています。

寒いけど厚手のコートを羽織るまでもないかなという時に1枚あると便利です。

値段が高いとコートを買ってしまいたくなるので出来るだけ低価格で抑えようと思って色々とお店を覗きました。

GU のコーディガンが安くて人気があるようですが、生地が毛羽立っててチクチクしそうだったので私個人的にはイマイチでしたね。

で今回はGreen Parksで購入しました。

 

続きを読む

カインズのカバー要らずのボックスティッシュ

f:id:haijimama:20160918213008j:plain

先日カインズホームで見た目が渋めのボックスティッシュを見つけました。

白や黒、グレーのボックスがセットになっています。

この見た目ならティシュカバーが要らないわ。

しかも枚数が150組じゃなくて200組も入っているんです。

ティッシュの消費が早いので150組じゃすぐに無くなってしまうんですよね。

紙質も悪くないしこれからはカインズで買うことに決めました。

今まで何度もカインズに通っていて何で今まで気づかなかったんだろ。

 

GUのブラフィール・レビュー!見せキャミとして優秀

f:id:haijimama:20160714145957j:plain

もう9月なんで今更な気もしますが、7月に購入したGUのブラフィール のレビューをしたいと思います。

 

良い点・フィット感が良くてしっかり胸をホールド

安いのにとにかくフィット感が抜群にいいで

ブラフィールを裏返したパット部分の写真です。

f:id:haijimama:20160910104928j:plain

アンダーの部分にゴムが入っていてパットがずれることなくしっかり胸を包み込んでくれます。

でも締め付けすぎていないのでとっても楽です。

もうブラジャーに戻れないと思うほど。

形によって違いはあると思うけど、購入した2点に関しては屈んでも胸が見えることがないし優秀です。

ガンガン洗濯しても形が崩れないし長く使えそう。

 

悪い点・ぴったりしすぎて着づらい

締め付けが嫌でゆったり着たい人には逆に窮屈に感じるもしれません。

ぴったりしているので着る時に肩が外れるかと思うぐらい着づらいのが難点。

Mサイズを購入しましたがLにすれば良かったと思いました。(でもLサイズにするとカップ合わないか・・・)

特に私は授乳キャミとして使っているから余計窮屈さを感じました。

これに関してはそもそも普通のキャミソールを買わなかった私が悪いのですが。

ゆったり着るのであればユニクロの方が合ってると思います。

 

形が豊富で見せキャミとして優秀

 ネットショップ見てもわかる事ですが、色々な形のブラフィールがあって値段が安いからたくさん欲しくなります。

黒のキャミは首回りが大きく開いたTシャツと合わせることが多いです。

後ろの肩紐部分のレースをちらっと見せて着てます。

f:id:haijimama:20160910110510j:plain

白のタンクの方は以前一緒に購入したオールインワンのインナーとしてよく着ます。

購入したオールインワンは背中が開いている形なので後ろ側から撮りました。

f:id:haijimama:20160910091701j:plain

しっかりした生地だからブラフィール1枚でも透けることなく着る事が出来ます。

重ね着すると本当に暑いからブラフィールは手放せないですね。

来年はLサイズを購入してみます。

 

◎関連記事

haijimama-life.hateblo.jp

haijimama-life.hateblo.jp

 

 

素人でも出来た!はてなブログのスマホ版カスタマイズを5つ紹介

はてなブログProにしたのでスマホでのデザインが色々変えられる様になりました。

なので今回もど素人の私が色々カスタマイズしたので紹介します。

今回も色々な方のブログを参考にして作りました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

変更前のスマホ表示はこんな感じ。

f:id:haijimama:20160504140015j:plain

何一ついじっていません。

ハッキリ言ってダサイ。

アクセス解析を見たら大半はスマホでブログに来てくださっているのに今まで何もスマホ対策をしていませんでした。

反省ですね。

ちなみにパソコン用のデザインはDUDEを使っています。

DUDE - テーマ ストア - はてなブログ

レスポンシブ対応ではないので一つ一つ変えていく形をとっています。

 

続きを読む

須磨水族館のイルカが海にいるぞ!須磨ドルフィンコースト

f:id:haijimama:20160728112627j:plain

今年も須磨水族館で「須磨ドルフィンコーストプロジェクト2016」が7月14日~8月31日まで開催されています。

なんとイルカが水族館裏手にある須磨海岸でイルカが泳いでいるんです!

須磨海岸は関西人なら誰でも知ってる有名な海水浴場で、人間が泳ぐ傍らでイルカがいます。

昨年ドルフィンコーストのイベントに参加してきましたが、超間近でイルカが泳いでいるのを見られるので子供はもちろん大人も楽しむことが出来ますよ。

写真等去年の情報が多々ありますが、行こうかなと思っている方の参考になればと思います。

 

須磨ドルフィンコーストプロジェクトとは

須磨海岸海域においてイルカを遊泳させることによる飼育環境の向上、環境保全や教育の推進、須磨地域の活性化を掲げ、今年で4年目の取り組みです。

7月14日~8月31日の11時から17時まで須磨海岸で泳ぐイルカを無料で観ることが出来ます。

基本的に毎日の開催ですが、天候が荒れたりした場合には中止されることがあります。

昨年は台風で海が荒れ、ゴミが散乱した為に一時中止されていたようですよ。

あと学習、体験イベントは3種類あります。

  1. 海辺のイルカ学習会(無料)
  2. 浅瀬でイルカウォッチング(無料)
  3. 海でのイルカトレーナー体験(有料)

いずれもイルカの生態や須磨海岸の環境について学習できるようです。

 

イベントに参加するには

イルカと間近みれる2のイルカウォッチングは去年は500円の参加費が必要な有料体験だったので無料で参加できるのは非常に価値があってお勧めです。

1と2のイベントは実施時間に海岸に行くと参加できます。

人数制限も無いようですね。(去年は制限されていました)

3のトレーナー体験は須磨水族館内での先着順の申し込みとなります。

つまり3だけは水族館の入場料を払ったうえでイベント参加費1,000円が必要になります。

水族館も楽しむ上で参加するなら問題ないですが、ただドルフィンコーストだけ参加するのなら1と2しか出来ない事になるので気を付けてくださいね。

昨年は他の園内有料体験と同じ場所で販売していたので、結構並ぶと思います。

 

昨年のイルカウォッチングの様子

昨年、私は家族と共に2のイルカウォッチングを体験しました。

参加条件は特になく、小さな子供でもOKです。

イルカが浅瀬とのギリギリまで来てくれてかなり近くで見物する事が出来ました。

子供の目線の近くで泳いでいるのでかなり新鮮かと思います。

f:id:haijimama:20160728114022j:plain

見るだけで触る事は出来ません。

海に足をつけるので裸足でも出来ますが、ビーサンを持って行くのをオススメ。

写真や動画もOKですが、塩水にかかったり落としたりする恐れがあるのでスマホやカメラには十分な注意が必要です。

トレーナーさんがイルカの生態等、色々説明してくれます。

f:id:haijimama:20160728114516j:plain

ジャンプも見せてくれました。

f:id:haijimama:20160728115452j:plain

私が参加した時はイルカが間違って勝手にジャンプするという嬉しいハプニングもあり。

今年は無料体験な上、人数制限もないようなので参加する人が多そう。

 

これを機に環境の事も考えてみよう

私の中では「須磨海岸は汚い」っていうイメージでした。

しかし須磨ドルフィンコーストが開催できるという事は、水族館だけでなく様々な人の手で環境改善をしてイルカが生活できるぐらいまでにクリーンになったって事ですよね。

ただの一般人の私でもこれは大変な事だったと思います。

ただイルカを観るだけじゃなく、ゴミの問題とか子供と一緒に何か考える切っ掛けが出来たらいいですね。

 

◎関連記事

haijimama-life.hateblo.jp